読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋書 Bibliophile's Chitchat

読んだ洋書や日々の読書について語っています。

Six of Crows 読了& The Penguin English Library

と、いうことで!
昨夜読み終えました(正確には帰宅後20分で)Six of Crows! 長かった…

 

Six of Crows

Six of Crows

 

はい、こちらですね。どどーん。

ざっくりとあらすじを書きますと、Kaz Brekkerは天才的な盗みの技術を持ったプロの盗人。17歳ながらその卓越した技術と明晰な頭脳でDregsと呼ばれる地域一体を取り仕切る、彼の名を知らぬ者はいない存在。

そんな彼がある日、Van Eckという裕福な商人に呼ばれ、ある途方もない計画を持ちかけられる。Ice Courtに囚われた科学者を救い出せと。莫大な賞金ながら、Ice Courtは一旦入って抜け出せた者はいない、難攻不落の刑務所。

Kazはよりすぐったメンツ6人と共に計画達成にむけて動き出すが。。。

 

 

で。

ざっくりと所感を述べますと、こちらはThe Grisha Trilogyという特殊能力を持った人間(になるのかな?) を主人公にした(たぶん)Trilogyを書いた作家さんによる新しいDuologyです。恐らく世界(場所)設定はGrisha Worldのままなんでしょう。

よって、

固有名詞が特殊(Inejってなんて読むんだw これ人の名前ですよw あとFjerdaとか)

あと、

雑魚キャラが多すぎる。

ことで最初の40ページが本当に苦痛でした。。。だって、「このシーンにしか登場しないけどそのシーンには頻繁に登場する」雑魚キャラがうじゃうじゃいるんですよ。それも物語の初頭に。まだキャラの相関関係や、誰が誰やら分かってない、敵か味方かも分かっていない状態でこれはきつい(´ε`;)ウーン…

なので、こちらはBuddyreadしていなかったら間違いなく放置していたであろう本だったと今は思います。

いや、一旦手に取って読み始めれば(Grisha Worldに慣れれば)非常にサクサク進み、途中からはめちゃ面白くなるんですが、いかんせん最初に苦労したことが半分トラウマみたいになって、一旦本を置いてしまうと次に手に取るのに

めっちゃwill power が要った

んですね。私はそうでした。ほんと、ツイ友のずらっぺさん同様、ラストの2日間は「とにかく集中してさっさとこの本とはケリをつけよう」という感じでした笑

かといって、面白くない、つまらない本というわけでは全くありません。先程も書きましたが、手こずるのは最初の50ページ程度まで。固有名詞やキャラ関係になれてしまえば、メインの登場人物は非常に魅力的ですし、プロットもうまい。文体もキビキビしているのでサクサク読めます。ファンタジー慣れしていない私でも読めました。キツイのはほんと、固有名詞と序盤のWorld Setting だけ。個人的には続きが気になる感じで、Duologyということもあり、最後はちょっとしたclifhangerで終わります。
個人的にはこの展開は見え見えでしたがw

続きがね、気になるんですけど、すぐに読む体力は無いかな。でもいずれ続編のCrooked Kingdomも必ず読みます。買っちゃってるしね。

私のRating は5つ★中4つ★でしたー。

 

さて。もう一つの話題なんですが。

前回のポストでPenguin Classicsにはまりそう~~と書きました。

ハマりましたよ。一旦は。

でも。


HOW TO READ CLASSICS | Tips & Tricks

こちらの動画に出てくるThe Penguin English Library Editionたち。

最初はなんとも思ってませんでした。
「いや!Penguin Classicsの方が素敵だし~~!」と。

今朝までは。

しかしながら。

この動画のサムネイルを見れば見るほど

いや、でもSpineとか可愛くないか???

と思ってしまいまして(ノ∀`)アチャー

本棚に並べたときに、めっちゃ可愛いのではないかと。
それに、「いかにもClassicsです!」っていう表紙じゃない。おしゃれで可愛い。

 

心変わりしました。(早いなw)

すでにAmazonで注文し、配達中の本が2冊あったんですが、そちらを即返品手続き。
一方で同じ本でThe Penguin English Library エディションのものを新たに購入した3冊と一緒に注文。

やっちまった。。。(ノ∀`)アチャー

 

でもね、表紙買いの性分がついウズウズと。。。笑

 

ということで、到着には最低あと2週間はかかりますが、楽しみです★

古典は分厚いものも多いので、これで当面本を買うのはおしまいです。
それと、これから先

YAは卒業します。

少なくとも、「惚れた腫れたのTypical Teenage saga」は買いません(`・ω・´)
大人にならないといけませんので笑

ということで、これから先はHistorical Fiction やPsychothrillersとかClassics中心に買っていきます♪

楽しみ~~~~~~★