読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋書 Bibliophile's Chitchat

読んだ洋書や日々の読書について語っています。

January & February Book Haul!

ということで。まだ2月は終わってもないのです、が。。。

案の定買いまくっております。予算厳守はどこへ行ったんだ、状態で買いまくっております。

さて、早速ですが「やっちまった・・・」と言いながら買ってしまった本たちをご紹介! あ、ちなみに順は不動ですのでw

 

The Book Thief: 10th Anniversary Edition

The Book Thief: 10th Anniversary Edition

 

まず新年早々買ったのがこちら。BookTuberさんたちの間でも人気のThe Book Thief。確か映画にもなってるんですよね?こちらは私の好きなヒストリカル・フィクションでもあるということで、そのうち読みたいと思っております。ちなみに表紙買いの本領発揮でこちらの10th Anniversary Editionを買いました。この表紙が一番いい感じがして。はい。

 

A Monster Calls: Inspired by an idea from Siobhan Dowd

A Monster Calls: Inspired by an idea from Siobhan Dowd

 

すでにレビューもアップしておりますが、こちらもThe Book Thiefと同じタイミングで購入。こちらもBookTuberさんたちの間で人気でしたし、「泣くよー」と言われていたので、「どれどれ」と購入。結果はそこまで泣きませんでしたけど、ね(^_^;) 個人的にはそこまで響かなかった1冊。

 

The Night Circus

The Night Circus

 

そして上記2冊と併せて購入したのがこちら!泣く子も黙る(?)The Night Circus。BookTuberさんたちもこの時期、よってたかって読んでいたのでついついポチッとな。まだ読んでませんが。。。いつ読むことやら。でも実はちょっとintimidatedされてますw

 

Holding Up the Universe

Holding Up the Universe

 

こちらはBook Bloggerさんの My Favorite Books in 2016 みたいなポストを読んで気になった作品。表紙も綺麗ですし、あらすじ読んだらどうもこちらもMental illnessを抱える少年が出てくる模様。はい、私実はシリアス系YAが好きかもしれませんね。ふわふわ優しい、fluffyなものよりも。

 

Fangirl

Fangirl

 

こちらは「よく考えたらあたしの本棚には明るい気持ちになれるような本がない!」と気づき、とりあえずRainbow Rowellの本の中で1,2を争うこちらをゲット。でも今んところ「気分じゃない。。。」ので果てさていつ読むことやら(笑) まぁ、保険です、保険。積ん読万歳w

 

Everything I Never Told You

Everything I Never Told You

 

こちらもシリアス系YAです。AMAZONくんのおすすめと、渡辺由佳里さんも絶賛していたのでポチッとな。こちらはそこまで厚くないし、近いうちに読もうと思っています。

 

Thirteen Reasons Why

Thirteen Reasons Why

 

こちらはBookTuber のReadbyZoeちゃんの動画で知りました。自殺した少女がカセットテープに残した自殺の理由。なんか面白そうで読んでみたいなーと思って。表紙も好きです。

 

When Breath Becomes Air

When Breath Becomes Air

 

こちらは私にしては珍しいNon-Fiction。今年の目標は、もっと幅広いジャンルの本を読む、なので苦手なノンフィクションにも手を出してみようかなぁと思って。で、紀伊國屋書店洋書部さんのツイッターフィードにやられて買いましたw 
読みましたけど、文学青年でおまけにお医者さんが書いた本なので非常に文章は美しいとは思いますが、医学用語も沢山、おまけにChristianity とHumanityなど、人生の終わりを目の当たりにして人生の意義を振り返るというちょっとover my head な概念が語れていたので、読み終えましたがもう一度読まねばいかんなぁと思っています。

 

Between Shades Of Gray

Between Shades Of Gray

 

 私は実はヒストリカル・フィクション、好きです。こちらは第二次世界大戦中かな?リトアニアで起きたroundupと、そこで捕らえられた人々がシベリアに送られる様、そしてそこでの過酷な生活を16歳の少女、Linaの目線から描いたYAヒストリカル・フィクションです。これ、ラストがいいんだわー!

 

Becoming Nicole: The Extraordinary Transformation of an Ordinary Family (English Edition)

Becoming Nicole: The Extraordinary Transformation of an Ordinary Family (English Edition)

 

 そしてこちらもNon-Fiction。これは良かった!!! ノンフィクションなのにフィクションを読んでいるような感じですし、何よりいかに自分たちが偏見に満ち溢れ、表面しか見ていないか、虐げられている人たちの心の声に耳を傾けていないかをいやってほど思い知らされます。ぜひこれは皆さんにも読んでいただきたいです。大事ですから!

 

We Were Liars

We Were Liars

 

こちらはMollie Readsちゃんのビデオでオススメされて買いました。こちらもシリアス系YAだと思います(あらすじあんまり読んでないw)こうして見るとYA多いなー!
だって面白そうな本が多いんだもん。。。w

 

The Nix

The Nix

 

 おっと、こちらを忘れてどうするw 新年買い初めがこちら!洋書ファンクラブ主催の「これを読まずして年は越せないで賞」で大賞に輝いた作品です!
いやー、こちら、面白かったし、作者さんの文才には舌を巻くものがありましたが、いかんせん長いw でも面白さは太鼓判押します!

 

Lilac Girls: A Novel

Lilac Girls: A Novel

 

ヒストリカル・フィクション大好きな私がついついあらすじに惹かれてポチッとなしたのがこちら。ナチスの人体実験の被験者を助けた女医さんの話?だったかな?Book Depositoryでポチッとなしました。今こっちへ向いて必死に飛んできてます。到着が楽しみ~~!

さて、ここから先はお友達に頼んで購入してもらっている本たちです。届くのはもう少し先ですが、ご紹介♫

 

Lab Girl

Lab Girl

 

こちらも「これ読ま」でオススメされていたノンフィクション。こちらも「もはや文学」という感じなので楽しみです!今年の目標は月に最低1冊はノンフィクションを読む、ですからね。momentumを失わないように、とりあえず購入w

 

Truthwitch (Witchlands)

Truthwitch (Witchlands)

 

こちらは最近WindwitchがBookTuberさんの間で超絶評判なので、「読んでみたいなぁ~」と呟いていたもの。すると、お友達からの『BookOutletでハードカバー3.99ドルだよ~~』という悪魔の(天使?)囁きが。。。当然ポチッとな。いや、ハードカバーでその値段って有り得んやろw 

 

で、これだけ買ったらもういい加減置いとけ、自分w って感じだったのですが…

 

Carve the Mark (Carve the Mark 1)

Carve the Mark (Carve the Mark 1)

 

 11月のwrap-upでBookTuberさんたちがこぞってレビュー動画をアップしていたこちらと

 

The Jane Austen Book Club

The Jane Austen Book Club

 

 ツイ友さんのBook Haul画像に載っていたこちらをついポチッとな…(。-_-。) こちらの本は映画版を先に見ています。原作はどうなのか、楽しみー♫

 

で、これで終わるかと思いきや。

昨日Peruse ProjectのRagenちゃんの動画を見て

 

This Is Where It Ends

This Is Where It Ends

 

この子が非常に読みたくなった。こちらはたぶん faint of heart な人には向かないです。アラバマ州でのmass shooting を4人の目線から綴った小説みたい。YAですが、こういう社会的なものも好きだったのね、自分、という感じで到着を楽しみにしております!

おっと、社会的と言えばこちらも予約購入していました。今月末にリリースですが。

 

The Hate u Give

The Hate u Give

 

いや、買ったのはこの表紙じゃありませんよ。これとは違うバージョンのハードカバーなんですけど、black life matters movement に関連したYAです。白人警察官によるいわゆるpeople of colorに対する不公平な扱い、みたいなのがたぶん描かれているのではないかと。こういう社会的なものもYAから入ると入りやすいかもですね。個人的にはこういう本、好きです。はい。

で。

今んとこ最後に買った本は

  

Hidden Figures: The Untold Story of the African-American Women Who Helped Win the Space Race

Hidden Figures: The Untold Story of the African-American Women Who Helped Win the Space Race

 

 こちらです。Non-fiction。NASAの「人類月計画」を影で支えたアフリカン・アメリカンの3人の女性たちについてのノンフィクション。別に私、feministじゃないですよ。むしろ「女性の地位獲得!」とかってしゃかりきになるの、嫌いです。正直言って。

そりゃ明らかな男尊女卑って嫌いだけど、別に人それぞれ考え方はあるんだし人生に望むものも違うんだから、女性皆が皆管理職になりたいとか会社のトップになりたいとか願ってるわけやないやん?それが全て、みたいに押し付けなくてもいいんじゃない?的発想の人なので、そういう「頑張りましょう!女性!」アピール的な本は嫌いかもw
しかし。こちらは単純に面白そうだなあ、と思いました。NASA、好きですし私。
月、好きですし、私w 

 

ということで!

Ridiculously big book haulって感じですが。。。ほんと、いくら「来月は本買わない!」って決めても抑えられないです。。。(。-_-。)

でも、だいぶ本棚が埋まってきたのでなんとか読む(消費)も追いつきたいなと思っております!

以上、Book Haulでしたー!