読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋書 Bibliophile's Chitchat

読んだ洋書や日々の読書について語っています。

Scarlet 読了

我ながらあっという間に終わっちゃったぜ、という気もしますが(というか土日これ読む以外「ほぼ」何もしてないw)、Scarlet読了です。 

Scarlet (Lunar Chronicles)

Scarlet (Lunar Chronicles)

 

 

いやいや、こちら、一時はどうなるかと思いきや、やっぱり面白かったです。
とくに後半から終盤はもう。。。これでもかと次から次へと物語が展開し、しかもアクションやバトルシーン(まぁそこまで大仰でもないけど)も沢山あって、ぐるんぐるん目まぐるしい展開です。

でもね、でもね。ネタバレになるのを覚悟でちょろっと書きますが、

Wolf の設定って、ちょっとどうよ?

と思わないでもないわけで。

いや、Lunarって「月」ですからね、まぁそういうはっちゃけた設定もありなんでしょうけども。でも何このミュータントぽい設定?ってちょっと引きました(汗)
で、ごく最近ナルニアを読んでる影響か、Wolfがホントの狼に重なってしょうがなかったという(笑)

その他のキャラ関係で語れば、新キャラのThorneはいい味出してます。面白いし、格好付けだけどちょっと抜けてるところが笑えますw いちいちピン、とくるタイミングがずれてるというか。
片や主人公のScarletがやっぱりどうもしっくりきません。行方不明のおばあちゃんのことで頭一杯で、冷静に物事見れなくなってるんじゃないの?!ってイライラする事多々。Scarletの感情推移もあまり伺えないので、ScarletとWolfの物語よりもCinderとEmperor Kaitoの場面の方が読んでて面白かったです。(いや、十分全編通して面白いんですけどね)

物語としては非常によくできてます。Cinderと新キャラ、Therne の物語とScarlet,Wolfの物語が並行して進んでいくのですが、それが終盤見事に繋がります。
Marissa Meyerのライティングも非常にテンポ良く、バトルシーンでも変にダラダラしてません。勢いを見事に保ったまま、うまーく次の展開へつなげていきます。
そして、それに並行して展開するQueen Lavana とEmperor Kaitoの駆け引き。。。というか一方的にKaito王子がやられてますが・゜・(ノД`)・゜・

とくに終盤でKaiが導き出す結論がそりゃーもう

 

哀しい。゚(゚´Д`゚)゚。

 

いや、「これしかない」と思うのは分かる、分かるけど!!!

でもそれだけは!!!無いでしょ???!!!(無いといって!!w)

 

と今回も思いっきり感情を掻き立てられました。 

おまけに、Scarletが終盤でCinderに対して爆弾発言しますし(°д°)
まぁこれが結果としてCinderの新たな決意と次への展開に繋がるのでまぁいい起爆剤になったわけですけども。

で。

BookTuberさんやレビュアーさんの間で意見が分かれるScarletとWolfのロマンスですが。
私は別にこの手のInsta-loveはいいんじゃない?という感じです。
そりゃまぁ、最後の二人の会話はちょっと唐突だしCheesyよねぇと思わないでもなかったのですが、ああいう特殊な状況化でのアドレナリンに任せた恋愛感情の盛り上がりっていうのもありえない話じゃないな、と。

 

いずれにしても、次が楽しみな終わり方でした。
こうなるとCressがすぐ読みたくなるっていうねぇ。なので、Cressに突入します!
次がどうなるか、楽しみー♪♪

f:id:Biblophile76:20161226143019j:plain