読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋書 Bibliophile's Chitchat

読んだ洋書や日々の読書について語っています。

再びナルニアへ

ということで、昨日から「何を読もうか」と悩んでいましたが、ナルニアに戻り、The Silver Chair を読むことにしました。 

The Silver Chair (full color) (Chronicles of Narnia)

The Silver Chair (full color) (Chronicles of Narnia)

 

 Kindleで全シリーズ収録(bundle)ものを読んでいるので、現在進捗率がどの程度かは分かりませんが、面白いです!

再びナルニアに戻ってきたEustace と新たなキャラクター Jill Poleがまたナルニアに迷い込み・・・

前回の The Voyage of the Dawn Treaderからの時間の経過、キャラクターの設定が面白い!! まだ多分半分も進んでないんでしょうけど、すでに釘付けです。

今回も243ページしか無いので短いですが、現代小説を読むのと比べ時間がかかります。なぜかというと文体が古いとかそういうのではなく、彼の描写表現は少し凝っていて細かいため、ちゃんと理解しようと思うと何度も読み返さないといけないからw(要は流し読みすると細かい部分が抜け落ちるわけですよ。)

ですが、ストーリー展開は相変わらずさすが!とうなる面白さ。

これからどうなるんだろうーーーー?!(o>ω<o)

 

爆弾発言していいですか???w

 

私、ナルニアの方がハリポタより好きですwww(←ちょっと控えめに言ってみるw)

ハリポタも全作読みました。ええ、感動しましたとも。
文章も力強く、見事だし、どれもみんな楽しみましたとも。

 

でもね、私には「傷すぎる」んですよ。

ハリーの持って生まれた運命とか、ヴォルデモートの復活とか。

読むだけで辛いというか、苦しくなるんですよね。

いかにもファンタジー!で希望に満ちた雰囲気が味わえるのが「賢者の石」だけというのが辛い。。。

もちろん、The goblet of Fire とか大好きです。

でも、いたいのぉぉぉぉぉ(涙)

 

に比べ、ナルニアはPrince Caspianのようにダークで重くあっても、ハリポタほど読んでいて辛くない。

でもこれがこの先変わってくるのかもしれないですが。。。

 

あ、あと、ハリポタに比べて短いのもNon-native としては助かるw 子供向けなのにハリポタとか800ページとか平気に超えますし。。。(しかもそれを1~2日で読むネイティブの子供たちってwww)

でもナルニアは短いのにこの凝縮具合と面白さ。さすがです!

素晴らしい物語は必ずしも長くある必要はない、という最高の例ではないかと。

と、訳の分からないことをGushingしましたが、まぁ今楽しんで読んでます。

The Silver Chair を終えたら・・・さて、どうしようかなw