読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋書 Bibliophile's Chitchat

読んだ洋書や日々の読書について語っています。

理解できない洋書表紙の違い

雑談

ちらりとどこかで書きましたが、私は基本「表紙買い」する人です。

いや、ちゃんとあらすじとかも確認して、興味が惹かれるかどうかはチェックしますが、その際に「表紙」というのは実際買うかどうかにおいて重要なチェックポイントです。

先般10月、お世話になっているツイ友であり良き洋書読みのお友達(大先輩)の方に紀伊國屋書店のセールでJoan Bauer のHope Was Here のペーパーバックを手に入れて頂くようお願いしました。

いや、Amazonでも買おうと思えば買えるんですよ?でもね。

 

f:id:Biblophile76:20161129113245j:plain

 

この可愛い表紙が、Amazonで買おうとすると

 

f:id:Biblophile76:20161129113315j:plain

 

このバージョンのペーパーバックしか手に入らないと言いまして。

 

(゚Д゚≡゚Д゚)?ハア?

状態ですよ。

よく見ると出版社が違うんですね。

 

いやいやいや、全然理解できんし!

出版社が変わって表紙が可愛くなるならまだしも、可愛くないし!w

 

なのでわざわざお願いして「この表紙の」バージョンを手に入れてもらいました。

 

他にもあります。Stephanie DanlerのSweetbitter。
なんてキュートでおしゃれな表紙♡ ひと目で手に入れたくなりました。

 

f:id:Biblophile76:20161129113546j:plain

 

が。

この子もまた、Amazonくんでハードカバーを手に入れようとすると、

 

f:id:Biblophile76:20161129113616j:plain

 

この子じゃないと取り扱ってないと言う始末。

 

だーかーらーーーー

 

なんでおしゃれな表紙から、そりゃまだ可愛い方だけど、でも明らかに改悪された表紙になるん!?

 

理解できん。全く理解不能。

出版社の違いとか勘弁してくれる。表紙まで全部著作権込みにしちゃえばいいやん!
表紙買いする私にとって表紙が違うのってすんごい購買意欲下がる!!!

 

この子については、探しに探して「ラフカット版」というものを手に入れました。
が、「ラフカット」っていうだけあって、ページの裁断が粗いったらないw
ちなみにこちらがその画像。

f:id:Biblophile76:20161201105534j:plain

見えますかね?要はページの端がきれいに裁断して揃えられていなくて、ページの幅がバラバラ。つまり、ページがめくりにくいんですね(^_^;)

そこまでしてまで表紙にこだわるか、って感じですが。

 

はい、こだわります!!!(゚Д゚)ノ ァィ

 

最悪はこれです。

最近気になっているVeronica RothのDivergentシリーズ。

f:id:Biblophile76:20161129113811j:plain

 

ちょっとLord of the Ringsを彷彿とさせる表紙。でもこれ、かっこいいですよねぇー!

それが。

 

f:id:Biblophile76:20161129113851j:plain

 

これ、コレクターエディションのハードカバーらしいんですが。

 

・・・

 

・・・

 

 

ここまで来るとがっくり来るわ_| ̄|○

 

 

あのね、出版社の皆様方、「表紙がいかに重要か」を今一度考えていただきたい!

いっくら中身は同じって言っても、正直Divergentのコレクターエディションは読む気にはなりません(´ε`;)ウーン…

 

出版社の都合というのもあるので、出版社が変わるのは一向に構いません。

が、どうせなら出版権に表紙も含んじゃってくださいよ。

読者のみなさんにしても、表紙と中身、セット、って考えてらっしゃる方、多いと思うんだけどな~~~。

 

というわけで、ダラダラと愚痴ってみたのでした(笑)